TOPページひまわり薬局の紹介 → 薬局のしごと

ひまわり薬局のしごと内容についてのページです。


調剤処方鑑査
処方箋、薬歴簿の情報を基にコンプライアンスや重複・相互作用、前回の指導内容など種々の情報を確認しながら調剤・鑑査を行います。また、安全性の向上のために、ピッキングミス防止システムを使用しています。
薬歴簿の情報を基に、処方された薬の説明や、体調の変化や副作用について確認します。患者さんに応じた説明の工夫や薬のことだけでなく療養全般の相談や指導を行います。ここでの情報は薬歴に記録します。
薬品管理
三菱調剤システムを用いて薬品の在庫管理を行っています。また、仕入・発注・小分け・棚卸し等を行います。
在宅訪問、薬剤管理指導
療養中の患者さん宅や介護施設等を訪問し、患者さんに服薬状況、服用中の薬の説明だけでなく様々な相談に応じています。訪問した結果は処方医へ情報を提供し、医療機関や居宅事業所とのカンファレンスに参加するなど、情報の共有化を図っています。必要があれば処方設計に加わることもあり、薬剤師の新たな活躍の場となってきています。
DI活動・学術活動・講師活動等

DI活動では薬局内で発生した疑問、案件や患者さんから得た情報を収集、検討しています。また、患者さんや医療機関からの質問に対し会議やカンファレンスでの討議などを通じて患者さんへフィードバックしています。
患者さんから得た副作用の情報は薬歴への情報集中・登録を行い、会議やカンファレンスを通じてスタッフへの周知するなど、副作用の聞き取りや、早期発見に役立てたり、服薬指導に反映させています。

収集した副作用情報は厚生労働省の医薬品副作用モニター制度に報告しています。また、民医連の学術集談会や学会に研究の成果を発表しています。
より有効で安全な薬物療法をめざし、新薬評価、薬物使用後評価も行っています。地域や患者さんの要望に応え健康相談会に講師を派遣しています。
各種委員会活動
各薬局での横断的課題を検討する各種委員会の活動を通じて、情報交換や、課題に対する提案を行い、スタッフの声に基づいた業務改善に取り組み、よりよい薬局をめざしています。
保障・平和のとりくみ・健康相談会・共同の営み
医療を保障する、社会保障制度の改善や、平和活動にも積極的に取り組んでいます。患者・住民組織の「友の会」との交流や、健康相談会の講師活動を通じ、患者さんとともに発展する薬局をめざしています。
青年職員の交流の場として、青年ジャンボリーが毎年開催されています。